事業内容 概要

診療報酬が厳しくなっても、乗り越える方法はあります!

医療・介護・福祉では患者・利用者を大切にすることが大前提です。

ただ、あまりに手厚く対応しすぎると費用がかさみ赤字になりやすくなります。

だからといって効率性(費用減少)ばかりに走れば、サービスが行き届かなくなり患者・利用者の不満につながりかねません。

そこで、弊社では患者・利用者への優しさと財務体質の強化(効率性)とのバランスを取るご提案をいたします。

1.2025年問題、保健医療2035とその後の人口減少を見すえた戦略策定

厚生労働省は団塊世代が後期高齢者(75歳以上)になる2025年を目途に

医療政策を大きく転換しようとしています。

貴院・貴施設は、今後どのように政策が変わるか見えていらっしゃいますか。

また、2025年以降日本の人口は1億人を割り込みます。

現在、高齢化率は25%を超えました。4人に1人は高齢者です。

人口減少と高齢化率の増加から、どのように対応すればよいでしょうか。

地域の実情と合わせて、地域に密着した戦略策定をいたします。

政策の荒波を乗り越えるため、政策を先読みしたご提案をいたします。

2.優しさと効率性のバランスを

適正な黒字体質になることで、病医院・施設の経営を強くします。

生み出した利益を次の投資(ヒト・モノ)に使うことで、

患者・利用者により良いサービスを提供できるようになります。

地域に必要とされ、人が人を呼ぶ経営体質に。

医療・介護・福祉では患者・利用者を大切にすることが大前提です。

ただ、あまりに手厚く対応しすぎると費用がかさみ赤字になりやすくなります。

だからといって効率性(費用減少)ばかりに走れば、サービスが行き届かなくなり

患者・利用者の不満になってしまいます。

そこで、弊社では患者・利用者への優しさと財務体質の強化(効率性)との

バランスを取るご提案をいたします。