診療報酬改定で収入はどうかわるかご存知ですか?

医療政策の流れから反れてしまうと、収入が減るリスクも。

ある程度、予測することでリスクを回避できます。

 

私の願いは病医院が経営を継続することによって、地域住民や患者が安心できる仕組みをつくることです。

「病医院よし、患者よし、地域よし」の医療版三方よしで、地域から愛される病医院へのお手伝いをいたします。

患者にとって良い医療を行い、後から診療報酬がついてくる仕組みを一緒に創り上げませんか?

 

私自身も経営者です。

創業からさまざまな困難を乗り越えて、経営を安定させてきました。

理事長先生、院長先生に、理屈やデータだけではない「経験の知恵」も余すところなくお伝えします。

膨大な資料はお渡ししません。経営者としての「生きた知恵」をお渡しします。

ときには人生相談にも乗ることがあります。秘密は厳守しますので、何でもお話しください。

話すことで解決策が見つかります。

 

ご相談は無料です。

今すぐお電話ください。

  

日本全国どちらでもうかがいます。

遠方の交通費、宿泊費は実費をいただきます。

このような院長・事務長のお役に立てます。

収入を増やしたいが、何から手を付けて良いかわからない。

施設基準を見直したら、収入とコストがどう変わるか知りたい。

・レセプトの返戻や査定が増えて、減収になってしまった。

・医事職員が育たず、診療報酬請求の精度が上がらない。

 

・銀行から有利な融資を引き出したいが、事業計画書を作れない

メニースターズの3つの事業

診療報酬で算定できるものはないか、第三者の視点から改めて確認します。地域での役割から施設基準の見直しも行います。

診療報酬が正確に請求されているか、調査いたします。現場での治療を正確に点数に置き換えることが、正しい収入のもとになります。

 

銀行は収入が確保できるか、コストとのバランスを重視します。診療報酬を使って、データを積み上げ、銀行が融資にGo!サインを出しやすくする事業計画の作成支援をいたします。


星 多絵子がお送りする最新情報はこちら!すべて無料です!

毎日更新!

実体験や医療への想い

診療報酬や現場改善等

役立つ情報をご提供。

毎週水曜日発行!

診療報酬・医療政策

病医院や施設経営等

詳しい解説と背景を

お伝えします。


お知らせ

2018年2月~4月 診療報酬・介護報酬同時改定セミナーにて全国を回りました。

2017年5月2日    東京都「働き方改革事業」の派遣専門家となりました。

2016年 6月14日  東京商工会議所より健康経営アドバイザー(初級)の認定を受けました。

2016年3月12日  PRを動画でアップしました。

2016年2月27日  3月1日にテレビ生出演が決定しました!